各塗料の耐久年数

外壁塗装を行う際には系統別にいくつかの種類の塗料に分かれており、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・ピュアアクリル・光触媒・断熱・遮熱などと様々な種類があります。機能性に関しては様々な特徴があるのですが、耐久年数についてフォーカスした場合にそれぞれにどのような違いがあるのでしょうか。

まずアクリル樹脂系はもっとも安価な塗料でその一方で耐久性が落ちて汚れも溜まりやすく、耐久年数はおよそ3年~5年ほどになります。

続いてウレタン樹脂系はトタンや鉄板などで密着性が優れている種類で、年数はおよそ5年~8年ほどになります。

シリコン樹脂系は価格と耐久性のバランスがよく外壁塗装の現場ではもっともよく使用されている種類の一つで、年数はおよそ7~10年ほどになります。

フッ素樹脂は塗膜が長く持つ上につや消しの作用があり見た目にも高級感を感じられる種類で、年数はおよそ10~15年ほどになります。

ピュアアクリル(アステック)とは防水性・弾性・耐久性などが著しく強く、塗り替えのタイミングを伸ばすことができますので生涯トータルでのコストを削減することができる種類で、年数はおよそ15~20年ほどになります。

光触媒とは外壁に付着する様々な汚れに対して、太陽光や雨などを利用した触媒効果で自動的に汚れを落とすことができる機能がある種類で、年数はおよそ15~20年ほどになります。

断熱塗料とは直射日光により室内温度の上昇を低減させることができ、夏場はもちろんのこと冬では逆に熱の伝導を断つことで保温効果がある種類で、年数はおよそ15~20年ほどになります。

また遮熱とは一見すると断熱と名称が似ているのですが、太陽光を反射させることで建物内部への熱の侵入を遮る種類で、年数はおよそ15~20年ほどになります。

このように外壁塗装で用いられる塗料にはそれぞれで耐久年数が大きく異なりますので、機能性やコスト面も含めて最も費用対効果が高い種類を選ぶと良いでしょう。