火災保険で外壁塗装できるのか?

火災保険は自宅を新築する際に加入するもので、建物とその中にある物品に対して火災や風水害などがあった場合に損害を補償することを目的にした保険になります。補償の対象は非常に幅広いもので、自宅で突発的な事故でテレビが故障した場合でも補償されることもありますので、火災など大規模な被害のみならず自宅内で起こる様々な事故に便利に使うことができるのですが、外壁塗装を行う場合も保険を使うことは可能なのでしょうか。

じつは外壁塗装もまた保険により賄うことができますので、少なからぬ費用が掛かる工事を手軽に負担を掛けずに行うことが可能になるのですが、厳密に言えば保険のタイプにより対応が異なりますので、事前にご自身で加入されている保険を細かく確認しておく必要があります。

保険のタイプ大きく分けて住宅総合保険と住宅火災保険の2種類に分かれているのですが、それぞれで補償の中身は異なっており、火災・落雷・爆発・爆発・風災などは双方共に自然災害も含めて保険を利用し塗装を直すことができるのですが、一方で水害・水濡れ・暴行・破壊・盗難・飛来・落下・衝突などについては住宅火災保険でしか対応しておらず、住宅総合保険の場合には保険の対象外になります。

つまり個々のご家庭で住宅総合保険と住宅火災保険のどちらに加入しているかにより、保険で外壁塗装の費用を賄えるかが大きく変わる部分がありますので、よく分からない方の場合は見積もりする際に業者に保険証書を見せて確認を取ると良いでしょう。