外壁塗装に適した時期と適さない時期

ご自宅の外壁に塗装した塗料が落ちるようになると、壁や家の内部に悪影響を与える事になりますので、気がついたときには早めに外壁塗装を行いたいところですが、工事には適した時期と適さない時期が存在するため、年間を通していつでも塗装が行えるわけではありません。

では外壁塗装で適した時期と適さない時期とは具体的にどのような季節があてはまるのでしょうか。まずは気候条件で見たときに気温が5度以下で湿度が80%以上の場合は塗装を行うことができません。この気温と湿度については個々の塗装業者により細かな違いもあるのですが、これは塗料の乾燥硬化に大きく関係しているためで、ホームセンターなどでペンキの缶を見てみるといずれにもこのような気温や湿度などの表記があります。

ではなぜ乾燥硬化が遅くなる季節は塗装を避けたほうが良いのでしょうか、指定された気温や湿度以外の条件で作業を行うと夜露にあったり翌日までに乾燥しなければ作業が遅延する事になり、寒い時期に水性の塗料を塗ると夜間に凍結することもありますので、さらなるトラブルを招くこともあります。

こうした問題を引き起こさないためにも気温が5度以下で湿度が80%以上の時期を選ぶことは非常に重要で、最も適した時期としては春や秋などが挙げられ、適さない時期としては冬などが挙げられますます。

ただいずれの時期でも雨の日であれば湿度が高くなりますので乾燥が遅れ塗装ができなくなり、とくに梅雨の時期に外壁塗装をした場合には施工期間が長くなる傾向があります。また夏や冬であれば作業ができないわけではなくお住まいの地域で事情は異なりますので、まずは業者に確認を取ってみましょう。