色選びのコツ

外壁塗装を行う際には、塗料の機能性を見つつどの種類を用いるか決める事になるのですが、その際には色選びもまた同様に行うことになります。建築時の外壁ととくに変更がなければ新たに色を選ぶ必要はないのですが、最近では色見本を見てみると非常に種類が多くあり、またご近所でも少し色調を変えただけで印象が大きく変わった家を目にすることもありますので、外壁塗装を行う際に色を変えてみるのもよい機会になります。

この色選びにあたって失敗をしないためにも押えておくべきコツがいくつかあるもので、まずは色調選びにあたって色見本を見ることになるのですが、カラーシュミレーションを用いて大まかな色を絞ることになります。

例えばベージュや白などの明るい系の色調であれば家を大きく見せる効果があると共に洋風でも和風でもまとめやすく、グレー系であればモダンに、ブルー系であれば華のある明るい印象にすることができます。

ただここで注意が必要になるのは、室内で色見本を見た場合と太陽光で見た場合とでは色の印象が異なり、また見本では色の面積も小さいため実際の大きな壁で見たときの印象とは異なる場合もあります。

そこで色選びのコツとしては近所を歩いて色のイメージに近い家を探して実際にどのような印象になるかを確認して、また業者にサンプルの板などを使い試し塗りをしてもらい日光に照らすと色合いが分かりやすくなります。 また壁は屋外になりますので徐々に汚れが溜まることから少し明るめの色調を選ぶこともコツの一つになります。